軽度の認知症になってしまった私の母に、遠距離介護である私はなんとかデイサービスに馴染んでほしいと思っているのですが

↓初回は撃沈で出向いてすらくれず
母のデイサービス1日体験利用の結果

↓2回目はどうにか第一段階クリア
母のデイサービス1日体験利用の再チャレンジ。

そして初めて実際デイサービス1日体験を利用した日に、デイサービスの社長さんのご厚意で、2日後にもう一度1日体験利用をさせてもらえることになりました。ありがたい話ですね。

今回の帰省はわりと長めで、序盤に1回目の1日体験利用ができたので、1回の帰省で2回の体験利用を見届けることができました。

sponsored link
_

デイサービスに始めて行ったその日は、また2日後にデイサービスに行くことになったということを、母に伝えないことにしました。まくしたてるようになって負担になってもあれですからね。

そして次の日に「明日この前行った所に行ってみよう」と伝えたのですが、母は何をしに行っているのかピンと来ていない様子で「また行くの?」といった感じでした…

「健康にいいしみんな親切だから行ってみたら?」と言うと、「それなら行ってみようか」と意外にも素直に受け入れてくれた様子。

翌朝、前回と同じ職員のかたが母を迎えに来てくれたので、私はあいさつをして送り出したのですが、なんとか今回も何事もなく無事出掛けてくれましたね。

私は前回と少し変化を付けようと思い色々考えたのですが、母が帰って来る時、家に誰も居ない状態を作ってみることにしました。私が帰京してしまうと、母は1人で家を出て1人で帰って来る訳ですからね。

その予行演習ではありませんが、その方がいいかなと思い、やってみることに。

母がデイサービスを終えて、もう帰ったであろう時間に「これから帰る」と電話すると、特にいつもと変わらず、何もなかったかのような感じでした。

家に帰ってからいろいろ聞いてみても、既に記憶が薄れているのかあまり印象に残らなかったのか、大して話は広がりませんでした…

後日ケアマネジャーさんからその日のデイサービスでの話を聞いたのですが、もう1人母と認知症度が同じくらいの女性の人が1日体験に来ていたらしく、その人と意気投合したのかいい感じにずっと話していたそうです。

そんな事は全く聞いていなかったので、よい方向ではあるのかなと少し安心しました。

デイサービスでの生活も今の所嫌がることも無く、落ち着いて楽しんでいる様子だったし、私もこのままデイサービスに通ってほしいので、このデイサービスと契約して来ました。

とりあえず週2回デイサービスに通う方向で様子を見て、厳しそうなら週1回に減らすという感じにする事になりました。

次回は私の帰京後で、送り出す人がいないので本当に行ってくれるか心配ではありますが、たまに休みながらでも是非通ってほしいものですね。

ちなみに母と意気投合していた女性の人はというと、デイサービスがよっぽど楽しかったのか、また行きたいと言ってすんなり通う事になったようです。

なんだか羨ましくもありますが、行ったデイサービスの内容が合う合わないもありますし人それぞれですね。

なんにしても家にこもっているよりは、人と関わっているほうが刺激になるだろうし、なんとか続いてほしいものです。

→やきそばプロフィールはこちら
▼ランキング参加中です!▼
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link
_